パチンコの客離れが深刻

パチンコの客離れが深刻となっている。
どの店も空席が目立ち、ホール内はガラガラ。
地方はさらに深刻で、昔ながらのホールも相次いで閉店している。

2004年7月に風営法の遊技規則が改定され、
それまでの4号機と呼ばれていた機種から、
出玉の増減が少ない5号機が主流となった。

万枚出した(=コイン1万枚。20万円)」というような、
高いギャンブル性が魅力のパチスロであったが、
上記の法改正や貸金業法の改正、中・長期化する不況の影響で、
最盛期には1万8,000店以上あったパチンコ店は1万2,600店ほどになった。

30兆円を超えていた業界全体の売り上げは21兆円弱(2009年時)に落ち込んでいる。

このようなご時勢だから、パチンコ店も生き残りを賭けて必死なようだ。
コワ~いパチンコ店の話』という本では、編集部がパチンコ業界のウラ事情を取材した本だ。

台に細工をして強制的に出玉を出すゴト師の最新手口や、
遠隔装置や裏ロムを使って出玉をコントロールする店側の不正、
警察とパチンコ業界の密接すぎるつながりなど、
業界の暗部を全5章43項目にわたって紹介している。

パチンコ業界関係者のインタビューや、
パチンコライターによるコラムも充実しており、読みごたえのある内容となっている。

ことにパチンコホールの客に対する嫌がらせはひどい。
「高性能監視カメラで女性客のキワドイところを覗き見する」
ホールコンピュータで電圧を調整し、回転数を制御する」
「遠隔装置で確変を強制的に終了させる」
「一回の大当たりで出玉を600円分カット」
「設定を変えないニセのイベントで客を動員」
サクラを雇い、私腹を肥やすホール関係者」
「換金の際、勝ち金から1.5%の手数料を徴収する交換所」
「出している客に冷房を直撃させて帰らせる」
など、セコイ悪事は数知れず。

こんな行為を続けていれば、客足が遠のいていくのも自然だと言える。
すべてのパチンコ店が悪事を働いているわけではないが、悪徳ホールが増えたのは事実。

悪徳ホールはアノ手コノ手で客の懐から金を抜こうとする。
パチンコ店のカモにされないための『コワ~いパチンコ店の話』、一度読んでみては。

  • 最終更新:2011-04-16 20:47:38

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード