2003.07.01 パチンコで金失い絶望した男、知人を殺害

被告人は,東京都東大和市の中学校を卒業した後,工員や風俗店,パチンコ店の店員などをしていたが,昭和54年ころから,Aと同棲を始め,昭和62年9月にAと婚姻した。被告人とAは,婚姻した当初2人ともパチンコ店の店員などをして働いていたが,被告人は,平成10年ころには仕事をやめ,以後は主にAの収入で暮らす生活をしていた。被告人は,Aと結婚生活を始めて以来,気に入らないことがあると,家の中の家具類を壊したり,Aに暴力を振るう行動に及ぶことがあった。Aは被告人と離婚しようと考え被告人が寝ているすきに,Cがその妻子とともに住むアパートに同居させてもらい,被告人からは所在を隠して暮らすようになった。Aは,家を出るとき,20万円くらいの現金を被告人のもとに残してきたが,被告人は,引越しのアルバイトなどでいくらかの収入を得てはいたものの,他には収入のあてもないことから,室内にあった家電製品や家具,更にはゲームソフトなどまで売却して金を捻出していたが,生活費のほか,パチンコや風俗店などの遊興費等で費消してしまい,アパートの4月分の賃料も滞納するようになった。そこで,被告人は,6月初めころ,友人から10万円を借りて,4月分の賃料はかろうじて支払うことができたが,その後の賃料は未払いを続けた。なお,被告人は,Bに対して10万円の貸金を返済するよう求めていたが,Bは,Aの方に返すなどと言いながら,結局はその要求に応じず,返済を受けられない状態が続いていた。被告人は,Bと電話で話をした際,Aがかねて勤め先のパチンコ店の系列会社の関係者と不倫関係にあったとBから聞かされて,強い衝撃を受け,6月12日ころには,かつてAが勤めていたパチンコ店に行って,事情を問いただそうとするなどもした。被告人は,このようなこともあって,何としてもやはりAの居場所を探し出し,同女と会って,離婚を求めた事情を問いただしたいなどと考えるとともに,上記のように,Bが借金も返済しない一方で,離婚のためAに入れ知恵をして,自分にはAの居場所も教えようとしないなどとして,Bに対して強い反感を抱くに至った。被告人は,前記のとおり,Aが家出をしてからは,特段の収入もなく,経済的に極めて窮迫した状況にあり,家財道具等を売っては何とかその場をしのいでいくという暮らしを続けていたが,6月30日には,いよいよ手持ちの所持金も7000円くらいしかなくなり,アパートの賃料も借金をして4月分をようやく支払ったものの,5月分と6月分が未払いで,その支払の目処も立たないという状況に立ち至った。そこで,被告人は,同日午前中に,公団事務所に電話して事情を話したところ,応答に出た職員は今すぐ支払えなければ近いうちに支払ってくれればいいと答えてくれ,いったんは安心して電話を切ったとはいうものの,以後の収入の目処も立たない上,賃料の未払いを3箇月続けていたら立ち退かなければならなくなると聞いていたこともあり,このままではアパートを退去せざるを得なくなる,何とかして賃料を支払う方法がないかなどと考えるうち,この際やはりBから前記10万円の貸金を返済してもらおうと考えるに至った。被告人は,Bから10万円の借金をいくらかでも返してもらおうと考え,午後1時ころ,自宅近くの公衆電話から同女方に電話したところ,Bは,全額は返せないが,4万ないし5万円くらいなら返せると答えたので,被告人は,それを受け取るべく同女方へ赴くこととした。被告人は包丁を使用することを思いつき,Bが借金返済を渋るときは,包丁を突きつけて同女を脅し,場合によっては更に包丁で同女を刺してでも,金員を強取して,貸金の返済を受ける目的を達するのもやむを得ないし,BがAの居場所を任意に明かさない場合にも,やはり前同様にして包丁を使ってでもBから聞き出そうと考えるに至った。被告人は,こうして,室内にBと2人だけになると,Bに対し,「おれも,妻に逃げられてから毎日の生活にも困っているんだ。」とか,「前から言っていて悪いけど,もう一度かみさんと会いたいから,連絡先を教えてくれないか。本当に居場所を知らないのか。」などと,貸金の返済を促したり,Aの居場所を尋ねる趣旨のことを言ったが,Bは,携帯電話の操作を始め,被告人が「大事な話なんだけど。」などと言って,被告人との話を続けるように求めても,それに特段取り合わないで,携帯電話の操作を続けた。被告人は,このようなBの態度を見て,無視され,馬鹿にされたなどと感じるとともに,電話で約束していた貸金の返済をしようともしないBの態度に対しますます憤りが高じ,包丁右手で持って立ち上がり,座って携帯電話を操作している同女の背後に回り込み,同包丁で同女の背部を1回突き刺し牛刀1本及び鎌形包丁2本を次々に持ち出して,これらの牛刀等で同女の背部等を多数回突き刺し,失血死により死亡させて殺害させた

  • 最終更新:2010-08-31 00:08:20

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード