2004.04.02 韓国籍の男、パチンコ店員を待ち伏せして殺害

神奈川県警瀬谷署は2004年2月4日、酒を飲みパチンコ店に入り、店員に注意されたことを逆恨みし店員を待ち伏せし暴行、殺害したとして殺人の疑いで横浜市瀬谷区相沢、韓国籍の建設作業員李東基容疑者(36)を逮捕した。調べでは、李容疑者は4日午前0時半ごろ、横浜市瀬谷区相沢のスーパー「西友瀬谷店」裏の路上で、パチンコ店従業員吉沢行男さん(51)を待ち伏せして襲い、殴るけるなどの暴行を加え殺害した疑い。周辺の聞き込みから李容疑者が浮上した。李容疑者は3日午後9時半ごろ吉沢さんが勤める神奈川県横浜市瀬谷区のパチンコ店「ニューセブン瀬谷店」を訪れ、酒に酔ってほかの客にぶつかるなどして吉沢さんに注意され帰宅していた。李容疑者は「注意されて腹が立った。仕返ししようと思った」と供述している。(pachimura)
神奈川県警瀬谷署は4日、横浜市瀬谷区相沢7丁目、建設作業員の 李東基容疑者(36)を殺人容疑で緊急逮捕した。 調べでは、李容疑者は同日午前0時半ごろ、相沢1丁目の路上で、 近くに住むパチンコ店従業員吉沢行男さん(51)を殴ったりけったり して殺害した疑い。 李容疑者は3日夜、現場から約50メートル離れた、吉沢さんの勤め るパチンコ店に行った。しかし、酒に酔っていたため吉沢さんらに注意 を受け、午後9時半ごろにいったん帰宅したという。同署は、李容疑者が 再びパチンコ店近くに戻り、吉沢さんを殺害したとみて調べている。 現場は相模鉄道瀬谷駅の東約200メートルの住宅街。(2ch)

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2010-08-01 13:34:58

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード