2005.08.16 熱中症で生後6ヶ月の乳児死亡

パチスロで遊ぶ間、炎天下の車内に生後6か月の長女を放置し、熱中症で死亡させたとして、岩手県警一関署は2005年8月17日、平泉町平泉、店員今野沙織容疑者(27)を重過失致死の疑いで逮捕した。調べによると、今野容疑者は16日午前11時半ごろから2時間半ほど、岩手県一関市赤荻のパチスロ店「マックスベット一関店」駐車場に軽乗用車を止め、パチスロに没頭。助手席のチャイルドシートに残した長女のみずきちゃんを熱中症で死亡させた疑い。車に戻った今野容疑者が、ぐったりしているみずきちゃんに気付き、病院に運んだが間もなく死亡した。今野容疑者は、車の窓を計3か所、それぞれ3センチほど開けておいたが、車内温度は最高50度近くまで上がったとみられる。盛岡地方気象台によると、16日午後2時の一関市内は気温30.7度を記録した。(pachimura)
生後6カ月の長女を車に乗せたままパチスロに熱中し熱射病で死なせたとして、岩手県警一関署は17日、同県平泉町平泉、店員、今野沙織容疑者(27)を重過失致死の疑いで逮捕した。調べでは、今野容疑者は16日午前11時半ごろから午後2時ごろの間、同県一関市のパチスロ店駐車場で、軽乗用車の助手席チャイルドシートに長女みずきちゃん(生後6カ月)を乗せたままパチスロをし、みずきちゃんを死亡させた疑い。車の運転席と助手席の窓を2~3センチ開けていたが、パチスロ中は一度も車に戻らなかったらしい。盛岡地方気象台によると、16日の同市の最高気温は午後2時20分に31.3度を記録した。(パチンコ事件簿)

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2010-07-31 23:31:15

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード