2007.04.28 パチンコで借金、エステ経営者を殺害し金奪う

2007年4月28日午前1時25分ごろ、兵庫県神戸市中央区下山手通の雑居ビルにあるエステ店で、経営者の秋山祐佳里さん(45)が死んでいるのを、警備員が見つけ、110番した。兵庫県警捜査1課は殺人事件として、生田署に捜査本部を設置した。調べによると、秋山さんが帰宅する際に、スイッチを入れる同店の警備センサーがいつまでも作動しないため、警備員が同店に行ったところ、秋山さんが横になった状態で死んでいるのを発見した。秋山さんは普段、午後9時ごろに帰宅していたという。(pachimura)
神戸市中央区のエステ店で、経営者の秋山祐佳里さん(45)が死亡しているのが見つかった事件で、兵庫県警生田署捜査本部は2007年5月14日、殺人の疑いで知人の住所不定、元内装工佐々木恒容疑者(39)を逮捕した。佐々木容疑者は秋山さんから約100万円の借金をしていたとみられ、「金銭貸借でトラブルになった」と供述。「腕で首を絞めた」と容疑を認めている。調べでは、佐々木容疑者は4月27日午後8時ごろから翌日午前1時半ごろまでの間、中央区の雑居ビルにあるエステ店の店内で、秋山さんの首を絞め殺害した疑い。(pachimura)
神戸市のエステ店で4月、経営者秋山祐佳里さん(45)が殺害された事件で、強盗殺人などの罪に問われた元内装工佐々木恒被告(39)の初公判が2007年9月10日、神戸地裁(佐野哲生裁判長)で開かれた。同被告は起訴事実について聞かれ、「何もありません」と述べ、全面的に認めた。検察側冒頭陳述によると、佐々木被告はパチンコなどの遊興費で、複数の女性から計700万円以上を借金。秋山さんから5000円ほど借りた上で、パチンコで金を増やし、滞納していた携帯電話代約15000円を返済しようとした。起訴状などによると、佐々木被告は4月27日午後8時半ごろ、神戸市中央区下山手通の雑居ビル内のエステ店で、すでに約100万円を借りていた秋山さんに、借金を断られ、背後から手で秋山さんの首を絞めて殺害、約900円が入った財布やデジタルカメラなどを奪った。(pachimura)
神戸市中央区のエステ店で今年4月、経営者の秋山祐佳里さん=当時(45)=が殺害された事件で、強盗殺人などの罪に問われた無職、佐々木恒被告(39)に対する判決公判が2007年11月6日、神戸地裁で開かれた。裁判長は求刑通り無期懲役を言い渡した。判決によると、佐々木被告は4月27日夜、交際相手だった秋山さんが経営するエステ店で、秋山さんの背後から首に腕を巻き付けて窒息死させ、店内にあった財布やデジタルカメラなど計約2万8000円相当を奪った。佐々木被告は秋山さんに約100万円の借金があり、滞納していた携帯電話代の支払いに充てるためにさらに5000円を借りようとしたが、断られていた。(pachimura)

  • 最終更新:2010-08-01 20:02:48

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード