2008.04.14 マルハン駐車場で乳児死亡

14日午後4時ごろ、鹿児島県加治木町木田のパチンコ店「マルハン加治木店」の駐車場に止めた車の中で、1歳7カ月の男児がぐったりしているのを母親(35)=鹿児島市=が発見し119番した。男児は救急車で近くの病院に運ばれたが、間もなく死亡が確認された。死因は熱中症とみられ、県警加治木署は15日にも司法解剖して詳しい死因を調べる。 県警や消防の調べでは、男児は鹿児島市の男性会社員(34)と、この母親の長男。救急隊員が駆けつけた際、屋根がない駐車場で、母親が長男を抱いて立っていたという。既に長男は心肺停止状態だった。当時、母親はパチンコをしに来ていた。 マルハン加治木店によると、同店には併設の託児所がある。母親はこの日午後2時ごろに託児所を訪れ、男児を預けようとしたが、託児所のスタッフが「定員いっぱいで、午後3時ごろに来てほしい」と断っていたという。 鹿児島地方気象台によると店の近くの鹿児島空港で午後2時50分すぎ、23・3度を記録。5月中旬並みの暖かさだったという。県警加治木署は母親が長男を車内に長時間放置していたとみて事情を聴く方針。 当時の車内の温度について日本交通事故鑑識研究所(本社・茨城)の専門家は「様々な条件で温度差はある」としたうえで、「外気の温度が23度であれば、窓を閉め切った状態なら車内は短時間で30度以上になるだろう」とみている。(edunet)
4日午後3時55分ごろ、鹿児島県加治木町木田のパチンコ店「マルハン加治木店」の駐車場に止めていた乗用車内で、鹿児島市内の男児(1歳7か月)がぐったりしているのを、母親(35)が見つけ119番通報した。 男児は同町の病院に運ばれたが、約1時間10分後に死亡した。県警は熱中症とみており、司法解剖して詳しい死因を調べるとともに、重過失致死などの疑いもあるとみて、母親から事情を聞く方針。 県警加治木署などの発表によると、母親は男児を車内に寝かせ、パチンコをしていた。車に戻ったところ、男児が口から泡を吹いていた。消防隊員が駆け付けた時は、すでに心肺停止状態だったという。 マルハン加治木店によると、同店には併設の託児所がある。母親はこの日午後2時ごろに託児所を訪れ、男児を預けようとしたが、託児所のスタッフが「定員いっぱいで、午後3時ごろに来てほしい」と断っていたという。 鹿児島地方気象台によると、近くの霧島市牧之原では午後2時46分に最高気温21・9度(平年17・6度)を観測し、5月中旬~下旬並みの暖かさだった。駐車場には屋根がなく、直射日光で車内の気温は急上昇したとみられる。 長江啓泰・日大名誉教授(自動車工学)は、4月中旬でも車内の温度は短時間で50度近くまで上がると指摘したうえで、「幼児をそのまま放置すると熱射病などで命を落とす可能性が高い。子どもを車内で1人にさせるのは危険」と話している。(yawanews)
午後4時ごろ、パチンコ店駐車場の乗用車内で「子どもが泡をふき、青ざめている」と119番があった。男児は間もなく死亡。熱中症とみられる。救急隊員が駆けつけた際、屋根がない駐車場で、母親が長男を抱いて立っていたという。既に長男は心肺停止状態だった。当時、母親はパチンコをしに来ていた。店内に外部委託の無料託児所を設置しており、この日午後2時ごろ、母親も預けに訪れていた。しかし、定員(15人程度)がいっぱいだったため、断ったという。

  • 最終更新:2010-07-27 22:41:55

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード