2008.10.01 ギャンブル依存の男、ビデオ店に放火し16名死亡

2008年10月1日午前3時頃、浪速区の難波駅前商店街の一角にある雑居ビル1階の個室ビデオ店から出火し、約1時間40分後に鎮火した。同店には32室の個室があり、出火当時26人の客と3人の店員がいたが、15人が一酸化炭素中毒で死亡し、10人が重軽傷を負った。なお、10月14日朝には意識不明の重体だった男性客が入院先の病院で死亡し、事件の犠牲者は計16人となっている。また、2日夜までに25〜61歳の男性12人の身元が確認されたが、3人については身分証明証の類を所持していなかったこともあって確認が難航し、最後の一人の身元が判明したのは24日になってからだった。当初はタバコによる失火とも見られていたが、同日午後になって火元の個室を使用していた東大阪市在住の46歳の男が現住建造物等放火などの容疑で逮捕された。容疑者の男性は、電機業界大手の松下電器産業(現・パナソニック)に入社。その後、松下電器産業でリストラされた後、無職で定職もなく生活保護を受けていた。また、事件の後に消費者金融から多額の借金があることも分かった。警察の取調べによれば、容疑者は数日前に知り合った人物に連れられて同日午前1時半頃に来店。「生きていくのが嫌になり、ライターで店内のティッシュペーパーに火を付け、持ってきたキャリーバッグの荷物(新聞紙や衣服が入っていた)などに燃え移らせた」と供述していることが明らかにされており、この火がソファーなどに燃え移って延焼したと見られている。10月22日、大阪地検は容疑者を殺人、殺人未遂、現住建造物等放火の罪で起訴した。戦後日本において起訴された事件で一人の人間が一日で犯した殺人による死者16人は過去最悪の人数である。被告は公判では供述を一転させ「火は付けていない」と無罪を主張したが、12月2日、大阪地方裁判所は求刑通り死刑を言い渡した。(wikipedia)
42歳の時に母親が死亡し,母親から相続した財産や,自分の退職金等合わせて5000万円の財産を手にしたことから,競馬やパチンコ等のギャンブルをしたり,いわゆるキャバクラに通ったりするなど遊興に明け暮れていたため,2年ほどで金が底をついてしまった。それで,門真市の自宅を売り払い,東大阪市にマンションを購入して差額を得たが,これもギャンブルで使ってしまい,そのマンションも売り払って,賃貸の共同住宅に住むことになった。そのころ,長男が家を出ていき,一人で暮らすようになった。被告人は,平成20年5月か6月ころに東大阪市の共同住宅(本件当時の自宅)に引っ越した。また,知人の勧めを受けて,そのころから生活保護(月12万円)を受けるようになったが,思うようにパチンコに行くこともできず,ストレスがたまっていた。仕事を見つけるために支援センターに行ったこともあるようだが,結局仕事には就いていない。(裁判記録)

  • 最終更新:2010-08-04 23:32:09

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード