2009.05.03 女性教諭、交際相手に殺害され埋められる

5月3日兵庫県加西市で女性の遺体がみつかる「犯人は交際相手、パチスロ代欲しさに殺害」 兵庫県加西市の同県加古川市立中学の元教諭児玉京子さん(当時37歳)が絞殺され、遺体で見つかった事件で、県警捜査1課と加西署は24日、遺体を遺棄したとして、加西市野田町、工員川又徹(42)、同市西野々町、工員坂本健太(23)両容疑者を死体遺棄容疑で逮捕した。2人は、児玉さんの交際相手で、同県稲美町加古、無職平間洋臣容疑者(28)(別の傷害容疑で逮捕)から頼まれた、と供述しているという。発表では、川又、坂本両容疑者は昨年11月末、加西市内の休耕田に児玉さんの遺体を遺棄した疑い。児玉さんは昨年11月26日の勤務後に行方不明になっていた。その後、児玉さんが管理していた学校の活動費など約550万円を無断で引き出していたことがわかった。(SCRAMBLE-8)
兵庫県加西市で今年5月、同県加古川市立中学の元教諭、児玉京子さん=当時(37)=の遺体が見つかった事件で、児玉さんの交際相手だった同県稲美町加古の無職、平間洋臣容疑者(28)=死体遺棄容疑で逮捕=が、「児玉さんの首を絞めて殺害した」などと供述していることが31日、捜査関係者への取材でわかった。加西署捜査本部は殺人容疑を視野に捜査している。捜査本部のこれまでの調べでは、平間容疑者は平成20年11月末ごろ、知人の男2人=同=と共謀し、同市嶋町の休耕田に穴を掘り児玉さんの遺体を埋めて遺棄したとされている。解剖の結果、児玉さんの遺体はのどの骨の一部が折れていることが判明し、捜査本部は児玉さんが首を絞められ、窒息死したとの見方を強めていた。平間容疑者は児玉さんから計1千万円以上の借金を重ねていたとみられており、捜査本部は2人が返済をめぐってトラブルになったため、平間容疑者が児玉さんの首を絞めて殺害し、知人らに遺体の処理を相談したとみて、裏付けを進めている。(SCRAMBLE-8)
《加古川市教育委員会などによると、女性教諭は修学旅行の積立金など550万円の管理を担当して いたが、11月27日から無断欠勤。その後、学校が業者に積立金を支払おうとしたところ、7月から 11月にかけて、口座の金がなくなっていたという。市教委は加古川署に告発。同署が業務上横領 容疑で捜査を始めた》 「新聞報道の数日後には、平間容疑者から事情聴取を行っていた」 捜査関係者はこう打ち明ける。児玉さんは行方不明になる直前、同僚に「交際相手に会う」と 伝えており、県警は平間容疑者から事情を聴いた。「平間容疑者は『児玉さんと会って、西明石駅まで 送って別れた』と説明した。ただ矛盾点があり、平間容疑者の捜査も続けていた。 児玉さんの行方不明から約半年が経過した5月13日、加西市内の休耕田で一部白骨化した女性の 遺体が見つかり、事件は大きく動き始めた。 遺体の喉の骨が折れており、県警は絞殺された疑いがあるとして捜査本部を立ち上げた。その後、 遺体が児玉さんと判明した。 8月に入って、別の女性への傷害容疑で逮捕された平間容疑者が、児玉さんの死体遺棄を認めたため、 捜査本部は死体遺棄容疑で逮捕。殺害についても認めたことから、殺人容疑で再逮捕した。 11月27日早朝、自宅近くの倉庫で、児玉さんの首を絞めて窒息死させ殺害。遺体は知人の 男2人とともに車で運び、加西市の休耕田に遺棄した。平間容疑者らは発覚を遅らせるため、 衣服を同市内の作業所で焼却処分した。平間容疑者は「借金の返済を免れる目的で殺害した」 などと供述しているという。 今回の事件に、児玉さんの勤務していた加古川市立中学関係者のショックは大きい。同校に よると、児玉さんは1年生の学級担任で、男子バレーボール部の顧問として指導にあたるなど 活発な教諭だったという。 「明るく元気な先生で、相談にもよくのってくれて皆からも人気だったのに」。生徒たちからも 悲しみの声があふれた。 平間容疑者は公判を前にした今も、反省のそぶりはなく、あいまいな供述を繰り返しているという。(unknown)
兵庫県加西市で5月、同県加古川市立中学の元教諭、児玉京子さん=当時(37)=が遺体で 見つかった事件で、県警加西署捜査本部は遺体発見から4カ月後の9月、交際相手だった 同県稲美町加古の無職、平間洋臣被告(28)=死体遺棄罪で起訴=を殺人容疑で再逮捕した。 交際相手を金づるにして、自身はパチスロなどギャンブル三昧の生活。学校の積立金を横領させる まで金を借り、揚げ句の果ては返済を免れるため首を絞めて殺害-。「明るく元気だった」という 女性教諭を“食い物”にした卑劣な犯行が、捜査の進展とともに浮かび上がった。捜査関係者や知人らによると、児玉さんは知人の紹介で平成19年5月ごろ、平間容疑者と出会い、 交際を始めたという。 平間容疑者は当時、土木会社を立ち上げていた。自宅近くにはパワーショベルなどの重機が並んで いたが、次第に経営が行き詰まり、多額の資金が必要となったという。 そこで目をつけたのが、交際していた児玉さんだった。平間容疑者は「事業失敗の穴埋めのため」との 理由で児玉さんから借金を重ねた。その額は次第に膨れあがり、捜査本部が裏付けを取っただけでも 1200万円にのぼっている。 ただ、借りた金の大半は、ポーカーやスロットなどの遊興費に充てた。高級車を乗り回す姿も度々 目撃されており、当時を知る隣人も「どこにそんなお金があるのか謎だった」と感じていたというほど。 児玉さんは再三にわたり、電話や直接会ったときに返済を迫っていたが、さらに金を求める平間容疑者。 蓄えが底をつきた児玉さんはついには、中学校の生徒の積立金にまで手を伸ばしてしまった。(2ch)

実際に犯行があったのは2008年ですが、基本的に起訴された年の事件として扱います。

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2010-07-31 22:02:56

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード