2010.07.08 パチスロ店で強盗

警視庁・丸の内署は8日、パチスロ店で女性客の財布を奪ったうえに軽傷を負わせたとして強盗致傷の現行犯で住居不定、無職の男(24)を逮捕した。男は「車上生活をしていた。金に困っていた」と容疑を認めているという。男は8日午後8時20分頃、東京都千代田区有楽町のパチスロ店2階でスロット機の上に置いてあった女性会社員(36)の現金約13万円が入っていた財布を奪った後、逃走を阻もうとした女性の顔を肘打ちするなどして軽傷を負わせた疑い。2人は揉み合いになった際に階段を一緒に転落し、男はガラスドアに顔面を強打して流血、重傷を負った。パトロール中の同署員らが店の外で男を取り押さえた。(secure-japan)
パチスロ店で女性客の財布を奪った上、軽傷を負わせたとして、警視庁丸の内署は強盗致傷の現行犯で、住居不定、無職、高崎勇太容疑者(24)を逮捕した。同署によると、高崎容疑者は「車上生活をしていた。金に困っていた」と容疑を認めている。逮捕容疑は8日午後8時20分ごろ、東京都千代田区有楽町のパチスロ店2階で、スロット機の上に置いてあった女性会社員(36)の財布を奪った後、逃走を阻もうとした女性の顔を肘打ちするなど軽傷を負わせたとしている。同署によると、財布には現金約13万円が入っていた。2人はもみ合いになった際に階段を一緒に転落。高崎容疑者はその後、ガラスドアに顔面を強打して流血、重傷を負った。パトロール中の同署員らが店の外で高崎容疑者を取り押さえた。(biglobe)

  • 最終更新:2010-07-24 19:09:25

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード