2010.07.16 パチンコ店でナイフ所持、強盗予備罪

福島県郡山市のパチンコ店内で果物ナイフを所持していたとして銃刀法違反容疑で逮捕された韓国籍、住所不定、無職井村雅彦こと文雅彦容疑者(52)について、地検郡山支部は2010年7月16日にも、強盗予備罪で文容疑者を起訴する方針を固めた。強盗を目的に事前に凶器などを準備したとみて、同罪を適用するという。捜査関係者によると文容疑者は「強盗目的だった」などの供述を続けているという。郡山北署のこれまでの調べでは、文容疑者は6月26日夜に市内新屋敷のパチンコ店「マックス301」の店内で、正当な理由なく刃渡り約9.7cmの果物ナイフを所持していた疑い。(kfb)
地検郡山支部は16日、銃刀法違反容疑で逮捕された韓国籍、住所不定、無職井村雅彦こと文雅彦容疑者(52)を、罪状に強盗予備、建造物侵入の罪を加えて起訴した。起訴状によると、文被告は6月26日午後9時50分ごろ、市内新屋敷二丁目のパチンコ店に、刃渡り約10センチの果物ナイフ1丁とガムテープ、手袋などを所持して侵入。店内のトイレに隠れ従業員を人質にとる機会をうかがうなどしたとされる。(kfb)

  • 最終更新:2010-07-24 19:29:56

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード