2010.11.11 パチンコホールから客足遠のく、14ヶ月連続減少

経済産業省は、特定サービス産業動態統計調査の本年9月分を
9日付で速報値として公表した。

「パチンコホール」の9月の売上高は729億6200万円、
前年同月比の97.9%で、前年を下回るのは14カ月の連続となる。
設置台数は同1.2%の増加、事務所数は同0.7%の減少、
1事業所あたりの売上高は同1.4%の減少、設置台1台あたりの売上高は同3.2%の減少となった。

対個人サービス業で好調だったのは「映画館」のみであり、前年同月比で
34%の増加であった。上映種類別入場者数では、「邦画」が同34.3%増加した。
ただし「スクリーン数」では同2.8%減少している。

経済産業省がこんな値を公開していたとは。
とりあえずダウンロードしてチェックしてみました。

年度 売上高(百万円)
2009年7月 82,887
2009年8月 81,976
2009年9月 74,507
合計 239,370

年度 売上高(百万円)
2010年7月 77,715
2010年8月 79,157
2010年9月 72,962
合計 229,834

7~9月期では約100億円、割合にして4%の減少ですね。
といっても売り上げベースなので、
利益はもっと減っているかもしれません。

APEC効果が出るのも今月ですしね。


インターネットの反応

・つぶれろつぶれろ
・パチンコ酒タバコ女。ゆとり草食には荷が重い。
・パチ法律で禁止すべき。警察が天下るなんてもっての外。
・賄賂構造が保障した世界の恥晒し、キチガイ30兆円賭博産業、終焉は全日本国民の願い
・パチ屋マネージャー。 10年前より売上9割ダウンw売上っていっても一定額の現金が売上カウンタあげてるようなもんだけど。今はAPECで新台入替えできないから大手なんかかなり悲惨。
パチンコ業界じゃなく違う形態で大金が流通する仕組みを作らないとね。次の仕事探さないとなぁ。

  • 最終更新:2010-11-13 10:29:05

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード