2011/03/02 山梨甲府のパチンコ店強盗で裁判員裁判、起訴内容認める

甲府市で09年10月、パチンコ店の換金用カードを奪って男性にけがをさせたとして強盗傷害罪などに問われた
東京都板橋区、無職、山本耕一郎被告(66)の裁判員裁判の初公判が1日、
甲府地裁(深沢茂之裁判長)であり、山本被告は起訴内容を認めた。

起訴状によると、山本被告は友原正樹(39)、神尾晃明(45)両被告=いずれも控訴=と共謀し、
09年10月11日午前9時25分ごろ、甲府市のパチンコ店駐車場で、
アルバイト男性が景品を仕分けていたワゴン車に乗り込んで発進し、車から転落させて重傷を負わせ、
換金用カード2万462枚(買い取り価格7000万円相当)を奪ったなどとされる。
検察側冒頭陳述によると、山本被告が計画を持ち掛けた。また、車を奪った際、男性の顔に催涙スプレーを吹き付けたという。
弁護側は「山本被告は従属的な立場。景品自体に特別な価値はない」などと主張した。
判決は10日に言い渡される。

mainichiより

  • 最終更新:2011-03-02 23:13:29

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード