2011/03/02 窃盗幇助容疑でパチンコ部品製造販売会社(裏ロム業者)社長を逮捕

中国人の窃盗グループがパチンコ店で大当たりが出やすくなる不正制御基板(裏ロム)を取り付け出玉を盗んでいた事件で、埼玉県警国際捜査課と川口、蕨署は2日、窃盗幇助(ほうじょ)の疑いで、東京都新宿区百人町、パチンコ部品製造販売会社社長、田原明穗容疑者(38)を逮捕した。
国際捜査課などの調べでは、田原容疑者は平成22年6月16日ごろ、不正基板15組を窃盗に使われると知りながら、窃盗グループの男に譲り渡した疑いが持たれている。
国際捜査課によると、田原容疑者は自社で不正基板を製造し、1組につき約4万5000円で売っていたとみられる。田原容疑者は「売ったのは事実だが、犯罪に使われるとは思わなかった」と供述しているという。他にも数十の取引先があるといい、同課で余罪を調べている。
sankeiより

  • 最終更新:2011-03-02 23:19:51

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード