2011/03/08 宮城のパチンコ必勝法会社が破産申し立て

「パチンコで必ず勝てる」などといわれ、情報料名目で
多額の金銭を支払ったのにもうけられなかったとして、
東北地方の男女が東京都の情報提供会社「KO企画」=清算手続き中=に
返還を求めて起こした集団訴訟をめぐり、
被害対策弁護団は7日、同社に対する破産手続きを東京地裁に申し立てたと発表した。

すでに同社が開始している清算手続きを中止し、
裁判所が選ぶ破産管財人による手続きにより、金銭の返還を目指す。

被害弁護団によると、県内のほか、山形、岩手、福島などで被害があり、
被害総額は約1億1400万円。

弁護団は平成21年12月から、同社に対して
不当利得の返還を求める訴訟を仙台地裁に起こしており、今月中にも結審する見通し。

同社は昨年12月から任意に選ばれた清算人による清算手続きを始めており、
財産や帳簿などの流出が懸念されるため、破産手続きの申し立てに踏み切った。

弁護団の佐藤靖祥弁護士は「破産手続きで、同社の金の流れなどを明らかにしたい」と話した。

  • 最終更新:2011-03-08 22:20:55

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード