2011/03/24 梁山泊脱税事件、2億8000万円脱税、元代表と2法人も有罪判決

架空の仕入れなどを計上して約2億8000万円を脱税したとして、
法人税法違反罪に問われたパチンコ情報会社「梁山泊」グループ元代表、豊臣春国被告(60)と
グループ会社2社の判決公判が23日、大阪地裁であった。

難波宏裁判長は「(脱税額が)高額で、犯行は巧妙で悪質」として、
豊臣被告に懲役6月(求刑・懲役2年)、2社に罰金計7300万円(同・罰金計8600万円)を言い渡した。
判決によると、豊臣被告はグループ会社「ビジネス・ジャパン・ウエスト」と「HAL21」の04、05年度所得
計約9億4000万円を隠し約2億8000万円を脱税した。

  • 最終更新:2011-03-24 21:49:14

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード