2011/04/08 パチンコ店の営業停止求める文書がパチンコ店に送付される

3日までに、関東の複数の遊技業組合に対して、「パチンコ店の営業停止を発令する」とした文書が送付されていることが発覚した。
文章には、関東と被災地11都県知事名と、菅直人内閣総理大臣の連名で、電力需要の切迫を理由に、
群馬、茨城、栃木、埼玉、東京、千葉、神奈川、山梨の全てのパチンコ店において、
ソーラーシステムを設置している以外の店舗は4月8日から2012年3月31日まで休業を命ずることが決定した、というもの。

命令に従わない店舗、従業員は、政府が差し押さえ、懲戒解雇するとしている。
また休業中の従業員は被災地へボランティアとして派遣する旨が書き添えられている。
公式にこのような文章は出ておらず全日遊連では警察庁に報告。
警察庁は刑罰法令に触れる恐れがあるとして捜査を開始した。

東日本大震災以降、店舗や各業界団体に対してパチンコ店の営業に対する批判的な意見が相当数寄せられた。
今回の文章も、そのような批判から出たものと思われる。

nikkansportsより

  • 最終更新:2011-04-08 21:20:19

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード