2011/04/11 「自販機、パチンコやめちまえ」 石原都知事の発言が大反響

4選を果たした石原慎太郎東京都知事(78)が、
自販機やパチンコの電力消費ぶりをぶった切り、
ネット上で絶賛する声などが相次いでいる。
一方、両業界では、節電に努めていると反論しており、困惑している様子だ。

選挙戦最終日の2011年4月9日、やっと始めた街頭演説で石原節がさく裂した。
「自動販売機なんてやめちまえ。コンビニで買って家で冷やせばいいじゃない」
「パチンコはジャラジャラと音を立てるために電気を煌々とつけるのは、世界中で日本だけだ」

原発事故に伴う電力不足について、こう持論を展開した。
石原慎太郎氏は、これまで震災対応の公務を優先しており、街頭演説はこの日が初めてだった。
10日夜の当選後も、各社のインタビューに熱弁を振るった。
石原氏は、自販機とパチンコの両業界で年間の電力消費がそれぞれ450万キロワットで、
合わせて1000万キロワット近い電力が浪費されていると強調。
これは、福島第1原発とほぼ同じ電力消費だとした。

国はオイルショック時に出したように、節電のための政令を出せばよいとまで言い切った。
地震天罰発言の時は批判を浴びた石原知事だが、今回はネット上で好意的な声が多いようだ。
2ちゃんねるでは「正論」「すばらしい」「どんどんやってくれw」といった書き込みが相次いでいる。
関係者からも、絶賛の声が出ている。民主党の長島昭久前防衛政務官(49)は10日、ツイッターで
「NHKで勝利スピーチを見て、今の日本にはこういうカミナリ親父が必要だと改めて感じた」と共感の意を示した。
またテレビ番組「スッキリ!!」で、司会のテリー伊藤(61)も「敵を作るっていう才能を持っていますよね」とその選挙戦術に感心していた。

j-castより

  • 最終更新:2011-04-12 22:23:16

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード