2011.02.17 パチンコホール、売上高が17ヶ月連続減少。年間では前年比マイナス6%

経済産業省は、特定サービス産業動態統計調査の2010年12月分を15日付で確報値として公表した。

「パチンコホール」の12月の売上高は739億8800万円となり、前年同月比では
マイナス4.7%と17カ月連続の減少。遊技機の設置台数は同2.4%、
事業所数は同0.3%ずつ、ともに増加した。1事業所あたりの売上高は同マイナス5.1%、
設置台1台あたりの売上高は同マイナス7.0%となって、ホールの厳しい経営事情が浮き彫りとなっている。

2010年の年間売上高は、前年比でマイナス6.0%と、減少となるのはすでに4年連続。
年間での1事業所あたりの売上高は同マイナス5.9%、設置台1台あたりの売上高は
同マイナス8.1%の減少となり、設置台1台あたりの減少幅が大きい。

対個人サービス業の趣味・娯楽関連業種で売上高の前年同月比増加率が増加していたのは、
「遊園地・テーマパーク」のみ。「映画館」が同マイナス18.4%と、もっとも大きく落ち込んでいた。
 の分野では、「消費者金融業務」の2010年の年間取扱高が、
前年比マイナス35.2%と、5年連続で減少していた。


ネットの反応

なんでテレビCMバンバン流せるの?
って池上さんに聞いたら答えてくれるだろうか。

くたばれ パチンカス

規制しなくてもパチンコが衰退してくってことは日本はまだまだ捨てたもんじゃない

マルハンとか大手の寡占化が進んだだけだろ。
ぶっ潰せ。

パチンコやる奴ってタバコ吸う人より恥ずかしいよね。


これは、良いニュース。
パチ屋は消えて無くなれ。


  • 最終更新:2011-02-18 01:09:29

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード